2003/11/03 Mon
[NY-4] すごいグッズを買いました

 

日本テレビのプロデューサーが
視聴率調査測定機が設置されている人を買収して
視聴率を操作していたというニュースは
すごいねぇ。

それは、伊東家もびっくりの
あっと驚く裏技じゃん。
たぶんそのうち「伊東家の食卓」で
紹介するのでしょうか?

     *     *     *

そんなこんなの今日この頃。
今回はNY特集その4。
NY旅行で買って来たお土産について。
と言っても、今回紹介するものは
NYで買ったものではないのだ〜。

7日間の旅行のうちで、丸々1日、
NYから日帰りで
WASHINGTON D.C.に行ったのだ。
そこのお土産。

思い返せば、NYのホテルを朝6時に出て
往復飛行機で
帰って来たのが夜10時という強行軍。
我ながら元気でした。

で、ワシントンを地下鉄で色々と回ったのですが
ホワイトハウスやキャピトルヒルは当然として
他にも色々と見て来ました〜。

ホワイトハウス

連邦議会議事堂

     *     *     *

まず、『ホロコースト記念博物館』。
丸焼けの死体写真などがありますが
ここは見ておいてよかったという所。

それから、スミソニアンの『航空宇宙博物館』。
入り口を入ってすぐの所に
なんと!「月の石」が展示されていて
実際に触れられるにもかかわらず、
みんな、すぐ上に吊してある大きな飛行機に目が行って
全く、月の石に気づかないのには
めちゃめちゃ笑えた。
触れるのは、世界でここしかないのに・・・。
ちなみに、すごい固かった。

   

 月の石
  (石自体の大きさは親指くらい)

   

   でも、大体、上に目が行ってしまう。

そして、FBI本部のすぐ裏にある
『国際スパイ博物館』。
ここがすごい。
色々なスパイグッズを展示している。

まずハトにカメラを取り付ける
『ハトカメラ』

   


ははは、めちゃめちゃ笑う。
こんなもの実際に使っていたのでしょうか?

隊長:「よし、じゃ〜行って来い!」
ハト:「クルックー(了解しました!)」

という会話が展開されていたのか〜?わはは。

で、「ハトが実際に敵地に飛んで撮影して来る!」と思いきや
説明文を詳しく読んでみると、
実際にハトを飛ばして
敵地の空撮していたとか、いないとか。

でも、現像してみたら
敵地にいた好みのメス鳩だけしか写っていなかったりして
がっかりしそうな感じもするねぇ。

その他には
ステッキが、実は銃になってしまうという
『ステッキ銃』。
う〜む。これは、スパイが使うというよりも
殺し屋が使う物ではないのか?

秘密に録音をしてしまうという
いたって普通のウォークマンも展示してあったよ。
あらまぁ、スパイも
意外と普通のものも使うのだな。。。

その他、暗号製造器や
紙に書いても、普通の所では字が見えず
特殊な光を当てると字が浮き出るというペンなんかも
展示してありました。

う〜む、スパイの世界は奥が深い。。。
これじゃ、伊東家もびっくり仰天の
裏技のデパートか、裏技の総合商社だよ。。。

     *     *     *

で、そこのミュージアムショップをのぞいてみたら
な、な、なんと!
スパイグッズを売っているではないか!!!
おおおおおお!

これは、及川も買って、
スパイにならなくてはいけません。
ということでお土産にも買って来ました。

これです。

     

これが驚愕のスパイグッズ。

なんの変哲もない口紅とスプーンですが
これがまた、普通じゃない。
実は違う使い道があるのだ〜。

と言っても、別にハトが出てくるわけでも
ちょっとこするとスプーンが曲がってしまうわけでも
ありません。

さぁ、一体、このスパイグッズの
別な使い道とは何でしょうか?
これさえあれば
あなたもスパイの仲間入りです。ふふふ。

謎が謎を呼んで
詳しい解答は11/9(Sun)の「今週のおいかわ」で。


今週のすごいものINDEX : TOP